HOME > ステージ・音楽 > 大阪シンフォニック クヮイア 創立40周年記念演奏会
大阪シンフォニック クヮイア 創立40周年記念演奏会は終了いたしました。

 ベルリオーズ「レクイエム」 大阪シンフォニック クヮイア 創立40周年記念演奏会

開催日
2019年6月30日
開催時間
14:30開演(13:30開場)※座席件交換(13:00~)
会場
フェスティバルホール
[大阪市北区中之島2-3-18]

大阪シンフォニック クヮイア 創立40周年記念演奏会

◆演奏曲について

作曲者:ルイ・エクトル・ベルリオーズ
 1803 年12 月11 日‒1869 年没、フランスの作曲家。本年(2019 年)は、没後150 年に当たります。ベルリオーズの肖像は、かつてフランス10 フラン紙幣に描かれ、「幻想交響曲」で有名な作曲家です。ベルリオーズが作曲した宗教作品には「レクイエム」の他に、「テ・デウム」、「ミサ・ソレムニス」等がありますが、敬虔な信仰心を持たない劇音楽作曲家と言われています。それが故にレクイエム(死者のためのミサ曲)の固有文は、これに創意を加えて、独自の作品を作り上げているように見受けらます。この作品が“実用” に供されることは、極稀なことです。ベルリオーズは“一つの作品を残すだけで私の全作品が破棄させられるとするならば、私は「死者のためのミサ曲」を遺してもらうように慈悲を請うだろう” と言ったとされています。ベルリオーズの、この曲への強い思いが見て取れます。

-曲目-
ベルリオーズ「レクイエム」 ベルリオーズ没後150年記念

曲目解説
 「レクイエム」の魅力は、何と言ってもその編成の壮大さにあります。劇音楽作曲家ならではの感覚がこの作品の構成に表れており、それは「コントラスト」と「ダイナミック・レンジ」で顕著に見受けられます。同じ性格の楽章が続く例はなく、類似性格の楽章も一つとして存在しません。テノール独唱が登場するのは第9曲 Sanctus(感謝の賛歌)だけです。第5曲Quaerens me(我を探し求め)は唯一ア・カペラで、全曲を通して静かでソフトな楽章です。第6曲Lacrimosa(涙の日)は、最も大音量で演奏される楽章であり、このように各曲のコントラストが際立っています。巨大なオーケストラ編成で、ティンパニーが10 台(予定)、会場の東西南北に配置されるバンダー(小ブラスバンド)も他に類を見ることなく、そのスケールの大きさが容易に想像出来ることでしょう。この壮大な音楽を演奏するためベルリオーズは合唱メンバーも300 名規模を要求しています。

【出 演】
指 揮湯浅卓雄
独 唱望月哲也(テノール)
管楽器大阪フィルハーモニー交響楽団
合 唱大阪シンフォニック クヮイア(応援:南澪会合唱団)


【開催日時】2019年6月30日(日)14:30開演(13:30開場)※座席券交換(13:00~)

【開催場所】フェスティバルホール

【チケット料金】
 前売 BOX:6,000円、S:5,000円、A:4,000円、B:3,000円(各税込)
 ※B席のみ小・中・高・シルバー(70歳以上)は500円割引

キーワード(TAG)

大人の休日、まったりと

公式ページ

http://www.oscjapan.net/

 ベルリオーズ「レクイエム」 大阪シンフォニック クヮイア 創立40周年記念演奏会 

開催日
2019年6月30日
開催時間
14:30開演(13:30開場)※座席件交換(13:00~)
会場
フェスティバルホール
[大阪市北区中之島2-3-18]
アクセス
京阪中之島線「渡辺橋」駅下車12番出口直結
Osaka Metro四つ橋線「肥後橋」駅下車4番出口直結
料金
前売 BOX:6,000円、S:5,000円、A:4,000円、B:3,000円(各税込)
※B席のみ小・中・高・シルバー(70歳以上)は500円割引

公式ページ

http://www.oscjapan.net/

名義

主催
大阪シンフォニック クヮイア
後援
大阪府、大阪市、寝屋川市、交野市、枚方市文化国際財団

地図

アクセス
京阪中之島線「渡辺橋」駅下車12番出口直結
Osaka Metro四つ橋線「肥後橋」駅下車4番出口直結

ステージ・音楽のその他のイベント

PAGE TOP
Copyright©2019 eventscramble(イベントスクランブル)