HOME > 展覧会 > 絵画展 > オットー・ネーベル展

オットー・ネーベル展

開催日
2018年4月28日 ~ 2018年6月24日
[休館日]月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
開催時間
午前10時-午後6時
会場
京都文化博物館
〒604-8183
京都府京都市中京区三条高倉
TEL:075-222-0888
お問い合わせ
TEL:075-222-0888

知られざる画家
 “オットー・ネーベル”日本初の回顧展

 スイス、ドイツで活動した画家オットー・ネーベル(1892-1973)。1920年代半ばにワイマールに滞在したネーベルは、バウハウスでカンディンスキーやクレーと出会い、長きにわたる友情を育みました。

 ベルンのオットー・ネーベル財団の全面的な協力を得て開催される、日本初の回顧展となる本展では、建築、演劇、音楽、抽象、近東など彼が手がけた主要なテーマに沿って、クレーやカンディンスキー、シャガールなど同時代の画家たちの作品も併せて紹介することで、ネーベルが様々な画風を実験的に取り入れながら独自の様式を確立していく過程に迫ります。

展覧会のみどころ

【1】知られざる画家オットー・ネーベル、待望の日本初回顧展!
 本展はベルンのオットー・ネーベル財団の全面的な協力を得て開催される、
 オットー・ネーベルの日本初の回顧展です。

【2】クレーやカンディンスキー、シャガールなど同時代の画家たちの作品も紹介
 クレーやカンディンスキー、シャガールなど、ネーベルが影響を受けた同時代の作家の作品もあわせて紹介し、
 20世紀美術の流れの中でネーベルの創作活動の軌跡を展観します。

【3】油彩、版画、コラージュなどバリエーション豊かな作品が一堂に!
 画家、版画家、さらには著述家としても活躍し、マルチな才能を持った芸術家オットー・ネーベル。
 活動初期から晩年までのバリエーション豊かな作品が一堂に会します。


【開催期間】2018年4月28日(土)~6月24日(日) ※月曜日休館(祝日の場合は開館、翌日休館)

【開催時間】午前10時-午後6時(金曜日は午後7時30分まで) ※入場はそれぞれ閉室の30分前まで

【開催場所】京都文化博物館

【料金】一般1,500円、大高生1,000円、中小生600円

 ●会期中、一部展示替を行います。

キーワード(TAG)

ファミリー、大人の休日、まったりと

オットー・ネーベル展 

開催日
2018年4月28日 ~ 2018年6月24日
[休館日]月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
開催時間
午前10時-午後6時
会場
京都文化博物館 京都文化博物館
〒604-8183
京都府京都市中京区三条高倉
TEL:075-222-0888
アクセス
地下鉄「烏丸御池駅」下車、【5】番出口から三条通を東へ徒歩3分
阪急「烏丸駅」下車、【16】番出口から高倉通を北へ徒歩7分
京阪「三条駅」下車、【6】番出口から三条通を西へ徒歩15分
JR・近鉄「京都駅」から地下鉄へ
市バス「堺町御池」下車、徒歩2分
料金
一般  1500円
大高生 1000円
中小生 600円

お問い合わせ

TEL:075-222-0888

名義

主催
京都府、京都文化博物館、産経新聞社、関西テレビ放送
企画協力
オットー・ネーベル財団
後援
スイス大使館
協力
スイス政府観光局、スイス インターナショナル エアラインズ、ヤマトロジスティクス株式会社

地図

展覧会のその他のイベント

PAGE TOP
Copyright©2017 eventscramble(イベントスクランブル)