HOME > 展覧会 > 「ピカソ銅版画347 シリーズ ~愛・イメージの奔走」展
「ピカソ銅版画347 シリーズ ~愛・イメージの奔走」展は終了いたしました。

京セラギャラリー2019年春季特別展 「ピカソ銅版画347 シリーズ ~愛・イメージの奔走」展

開催日
2019年5月18日 ~ 2019年6月30日
※作品入替のため6月6日、7日の二日間を休館とさせていただきす。
開催時間
午前10時~午後5時(最終入館は16時半まで)
会場
京セラギャラリー(京セラ株式会社本社ビル1階)
[京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地]
お問い合わせ
TEL:075-604-3518(文化施設課直通)

京セラギャラリー2019年春季特別展
「ピカソ銅版画347 シリーズ ~愛・イメージの奔走」展

 20世紀美術が生んだ巨人パブロ・ピカソ(1881‒1973)は、生涯その類い希な着想と創造力によって、絶えず造形の最前線を歩み続けました。その青春を世紀末バルセロナの過激なモデルニスモの環境で過ごし、20世紀初頭にパリに出て「青の時代」、「バラ色の時代」という感傷的な自己様式を営みましたが、1907年に「最初の20世紀絵画」といわれる《アヴィニョンの娘たち》を制作すると盟友ジョルジュ・ブラックと手を携えてキュビスムという造形革命を先導しました。1920年代にはシュルレアリスム運動にも参加しましたが、その後相次いで台頭する芸術運動や流派には距離をおきながら新たな造形と表現を開拓し続けました。彼が残した作品の数は2万数千点という膨大な数に上ります。彼の制作の中心はもちろん絵画や版画でしたが、彫刻、陶芸、舞台装飾にも歴史に残る業績を示し、さらに今日では彼の戯曲や詩作もその文学的価値が再認識されております。

 ピカソの版画作品は、全作品の1 割ほどの2,000点余りが確認されておりますが、西洋版画史上の大巨匠であるデューラー、レンブラント、ゴヤ、ロートレックの版画作品がいずれも500点に満たないことを考えれば、2,000という数がいかに膨大かが察せられます。しかもピカソが用いた版画技法は銅版画(凹版)、リトグラフ(平版)、リノカット(凸版)にわたり、それぞれに他の版画家たちが試みたことのない技が駆使されました。彼の版画2,000点のうち半数以上が1960年以降に制作され、1968年から1972年に制作された『347シリーズ』とその続編である『156シリーズ』がさらにその半分を占めることになります。

 『347シリーズ』は、86歳の高齢に達したピカソが1968年3月16日から10月5日までの204日間に制作した347点の連作銅版画です。しかしこの347枚には、一貫した脈絡も、物語も、テーマもありません(そして、始まりも終わりも)。強いていえば、年老いた画家がなお執着を断ち切ることが出来ない女性への愛̶とりわけ肉体を介しての̶が底流になっているということでしょうか。その一方、ここには画家がその長い画歴の中で描いてきた人物や題材、そして興味を惹かれた物事などが多数召喚され、時にそれらが時空を超えた邂逅を果たす場面も少なくありません。『347シリーズ』は、画家の脳裡に去来するそうしたイメージを、銅版画の技法の玄妙さを楽しみながら、まさに自動筆記的に刻みつけて行った記録なのです。それ故、個々の作品を強いて理解しようとすれば果てしない迷路に迷い込むことになるでしょう。むしろ心を無にして、作品が訴えてくるものを感覚に掬い取って味わうのが、賢い鑑賞の仕方ではないでしょうか。

【開催期間】2019年5月18日(土)~6月30日(日)

【開催時間】午前10時~午後5時(最終入館は16時半まで)

【開催場所】京セラギャラリー(京セラ株式会社本社ビル1階)

【料 金】 入場無料

【休 館】 作品入替のため、6月6日、7日の二日間を休館とさせていただきます

キーワード(TAG)

大人の休日、歴史と文化、まったりと、無料で楽しむ

京セラギャラリー2019年春季特別展 「ピカソ銅版画347 シリーズ ~愛・イメージの奔走」展 

開催日
2019年5月18日 ~ 2019年6月30日
※作品入替のため6月6日、7日の二日間を休館とさせていただきす。
開催時間
午前10時~午後5時(最終入館は16時半まで)
会場
京セラギャラリー(京セラ株式会社本社ビル1階)
[京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地]
アクセス
・近鉄京都線または京都市営地下鉄烏丸線「竹田駅」西口よりバスで「パルスプラザ前」下車(約5分)
・京都駅八条口「E1のりば」より直通バス「REX京都らくなんエクスプレス」で「京都パルスプラザ・京セラ前」下車(約15分)
・京阪中書島駅またはバス停「西大手筋」より竹田駅西口行バスで「パルスプラザ前」下車(約10分)
料金
入場無料

公式ページ

https://www.kyocera.co.jp/company/csr/facility/museum/

お問い合わせ

TEL:075-604-3518(文化施設課直通)

名義

主催
京セラ株式会社
共催
京都市
後援
京都府、京都商工会議所、京都新聞、日本経済新聞社京都支社、読売新聞京都総局、朝日新聞京都総局、毎日新聞京都支局、産経新聞社京都総局、KBS 京都

地図

アクセス
・近鉄京都線または京都市営地下鉄烏丸線「竹田駅」西口よりバスで「パルスプラザ前」下車(約5分)
・京都駅八条口「E1のりば」より直通バス「REX京都らくなんエクスプレス」で「京都パルスプラザ・京セラ前」下車(約15分)
・京阪中書島駅またはバス停「西大手筋」より竹田駅西口行バスで「パルスプラザ前」下車(約10分)

展覧会のその他のイベント

PAGE TOP
Copyright©2019 eventscramble(イベントスクランブル)