HOME > 展覧会 > 没後30年 須田剋太展
没後30年 須田剋太展は終了いたしました。

没後30年 須田剋太展

開催日
2020年2月12日 ~ 2020年3月15日
休館日:月曜日
※月曜日が祝休日の場合は翌日を休館
開催時間
午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
会場
東大阪市民美術センター
[東大阪市吉田6-7-22]
お問い合わせ
TEL:072-964-1313
《ピンクのターバン》1947年 油彩・キャンバス
《ピンクのターバン》1947年 油彩・キャンバス
特別展 没後30年 須田剋太展
~今、甦る、須田剋太ワールド 抽象・具象・書~

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、東大阪市からの要請に伴い中止となりました。
図録を販売しております。詳細は下記をご覧ください。
https://www.eventscramble.jp/r/zuroku/SUDA_KOKUTA



須田剋太は、1906年(明治39年)埼玉県吹上町(現・鴻巣市)に生まれ浦和(現・さいたま市)に出て独学で油画を学び、戦前は、光風会、文展、新文展で特選をとるなど、戦前から戦後にかけての官展で活躍しました。
戦後は関西に移り住み、長谷川三郎の知遇を得て抽象画に転向、世界の現代美術の動向と足並みをそろえるように、力強く、造形豊かな抽象画を描き、高い評価を得ました。
また、「街道をゆく」(司馬遼太郎著、朝日新聞出版)シリーズとして大阪府に所蔵されている挿絵原画を、1971年から1990年(平成2年)に亡くなるまで担当するとともに、再び具象画を描きはじめ、書などにも優れた作品を残しました。
本展は、須田剋太の没後30年を記念して、未発表を含む約100点の作品により画家の画業・書業を振り返ってみるものです。

【インターン新聞より】挿絵原画など100点、独特の世界観 「須田剋太展」東大阪で開催(産経ニュース)
奔放で力強い画風 「須田剋太展」東大阪で内覧会、12日開幕(産経ニュース)
没後30年「須田剋太展」 東大阪市民美術センターで2月12日開幕(産経ニュース)



■産経新聞 朝刊掲載(2020.02.06)


■産経新聞 朝刊掲載(2020.02.13)


■産経新聞 朝刊掲載(2020.02.20)


【開催期間】2020年2月12日(水)~3月15日(日)

【開催時間】午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)

【開催場所】東大阪市民美術センター

【料 金】 500円
 ※但し、中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(介助者1名を含む)、65歳以上(生年月日記載があるものの提示が必要)は無料。
  • 《紙雛》1972年頃 油彩・キャンバス
    《紙雛》1972年頃 油彩・キャンバス
  • 《天上の花》制作年不詳 墨書・紙
    《天上の花》制作年不詳 墨書・紙
  • 《立葵》1980年代後期 油彩・キャンバス
    《立葵》1980年代後期 油彩・キャンバス
  • 《作品1967》1967年 油彩・キャンバス
    《作品1967》1967年 油彩・キャンバス
  • 《舞妓二人》1977年 油彩・キャンバス
    《舞妓二人》1977年 油彩・キャンバス

キーワード(TAG)

大人の休日、歴史と文化、まったりと

没後30年 須田剋太展 

開催日
2020年2月12日 ~ 2020年3月15日
休館日:月曜日
※月曜日が祝休日の場合は翌日を休館
開催時間
午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
会場
東大阪市民美術センター
[東大阪市吉田6-7-22]
アクセス
近鉄奈良線「東花園」駅より北へ徒歩約10分。東大阪市花園ラグビー場南側。
料金
500円
※但し、中学生以下、障碍者手帳等をお持ちの方(介助者1名を含む)、65歳以上(生年月日記載があるものの提示が必要)は無料。

お問い合わせ

TEL:072-964-1313

名義

主催
東大阪市民美術センター(指定管理者 公益財団法人東大阪市文化振興協会)、産経新聞社
協力
須田剋太研究会、大阪府立江之子島文化芸術創造センター

地図

アクセス
近鉄奈良線「東花園」駅より北へ徒歩約10分。東大阪市花園ラグビー場南側。

展覧会のその他のイベント

PAGE TOP
Copyright©2020 eventscramble(イベントスクランブル)