HOME > 展覧会 > 浄土真宗と本願寺の名宝Ⅱ 

浄土真宗と本願寺の名宝Ⅱ  -守り伝える美とおしえ-

開催日
2017年3月4日 ~ 2017年6月11日
会場
龍谷ミュージアム
〒600-8399
京都府京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
TEL.075-351-2500 Fax.075-351-2577
浄土真宗と本願寺の名宝Ⅱ 
-守り伝える美とおしえ-


 龍谷ミュージアムでは、第25代専如門主伝灯奉告法要(第5期~10期)を記念して、
浄土真宗本願寺派と本山本願寺が守り伝えてきた貴重な法物や
華麗な王朝文化を彩る数多くの文化財で構成する特別展「浄土真宗と本願寺の名宝Ⅱ-守り伝える美とおしえ-」を開催します。
本展では、江戸時代に活躍した第12代准如宗主以降の歴代宗主をご紹介するとともに、
東北や北陸を含む各地の真宗美術や、国宝「三十六人家集」(37帖のうち9帖、西本願寺蔵)、
同「類聚古集」(16帖のうち6帖、龍谷大学図書館蔵)のほか、かつての法要の映像(昭和8年)や関連資料など約200件を展示します。


■展示構成
 第1章:本願寺歴代宗主 -親鸞聖人・蓮如宗主と、准如宗主から現代まで-
 第2章:受け継がれる伝灯奉告法要 -記録と記憶、そして新たな思い-
 第3章:本願寺と浄土真宗の法物 -法灯の継承-
 第4章:本願寺と浄土真宗の名宝 -三十六人家集と都を彩る美-

■開館時間
 午前9時30分 ~ 午後6時
 ※最終入館受付は午後5時30分まで

■入館料
 一般        1,200(1,000)円
 高校・大学生      800(600)円
 小・中学生       400(300)円
 ※( )内は前売り、20名以上の団体料金
 ※小学生未満、障がい者手帳等の交付を受けている方
 およびその介護者1名は無料

キーワード(TAG)

大人の休日、歴史と文化

浄土真宗と本願寺の名宝Ⅱ  -守り伝える美とおしえ-

開催日
2017年3月4日 ~ 2017年6月11日
会場
龍谷ミュージアム 龍谷ミュージアム
〒600-8399
京都府京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
TEL.075-351-2500 Fax.075-351-2577
アクセス
○ JR・近鉄・地下鉄烏丸線「京都」駅から徒歩約12分
○ 地下鉄烏丸線「五条」駅から徒歩約10分
詳しくは アクセスガイドを参照

公式ページ

http://museum.ryukoku.ac.jp/exhibition/sp.html

展覧会のその他のイベント

PAGE TOP
Copyright©2017 eventscramble(イベントスクランブル)