快慶 日本人を魅了した仏のかたち

開催日
2017年4月8日 ~ 2017年6月4日
会場
奈良国立博物館
〒630-8213
奈良県奈良市登大路町50番地
NTTハローダイヤルサービス:050-5542-8600 ※ご案内時間:8:00~22:00(年中無休)
快慶
日本人を魅了した仏のかたち


 快慶(かいけい)は、わが国を代表する仏師のひとりであり、
鎌倉彫刻様式の完成に重要な役割を果たした人物として運慶(うんけい)と並び称されてきました。
快慶には確証ある遺品が際立って多く、鎌倉時代初頭の造像界の動向を具体的に知るうえで不可欠な存在である一方、
出自や工房など、その人物像には不明な点が少なくありません。
 建久3年(1192)に無位でありながら後白河院(ごしらかわいん)追善の造像に抜擢されるなど、
康慶(こうけい)の弟子のなかでも特殊な立場にあったようですが、こののち運慶と肩を並べて活躍の舞台を得る画期となったのは、
後白河院主導のもと重源(ちょうげん)により進められた東大寺再興造像でした。
 「巧匠アン(梵字)阿弥陀仏」と称したことからもわかるように、快慶は単に仏師として重源にしたがっていたのではなく、
熱心な阿弥陀信仰者として造仏に臨んでいたことも見逃せません。
彼が生涯をかけて追求した実在感と格調の高さを兼ねそなえた阿弥陀如来立像の姿は、後世「安阿弥様(あんなみよう)」と称され、
来迎(らいごう)形阿弥陀の一典型としてながく受け継がれてゆきます。
平安時代には、仏師定朝(じょうちょう)が「仏の本様(ほんよう)」と謳(うた)われる理想的な仏の姿をつくり出しましたが、
快慶はこの定朝にも匹敵する役割を果たしたといえるでしょう。  
 本展は、快慶の代表的な作品を一堂に集めて、わが国の仏教美術史上に残した偉大な足跡をたどる試みです。
さらに、快慶作品の成立と密接に関わる絵画や、高僧たちとの交渉を伝える史料をあわせて展示することにより、
いまだ多くの謎に包まれた快慶の実像に迫ります。
本展を通じて、多彩な快慶作品の魅力を堪能していただくとともに、現代を生きる我々の共感をいまもなお呼び起こし、
仏の規範とされつづける快慶芸術の本質について考える機会となれば幸いです。

■会期
 平成29年4月8日(土)~6月4日(日)

■会場
 奈良国立博物館 東新館・西新館

■休館日
 毎週月曜日 ※ただし5月1日(月)は開館

■開館時間
 午前9時30分~午後5時
 ※毎週金・土曜日は午後7時まで
 ※入館は閉館の30分前まで

■観覧料金(予定・かっこ内は前売、団体料金)
一般1,500円(1,300円)
   高校・大学生1,000円(800円)
小・中学生500円(300円)
   ペアチケット(前売) 2,400円
 ※前売券とペアチケットの販売は、2月8日(水)から4月7日(金)までです。
 ※団体は20名以上です。
 ※ペアチケットは2名、または1名で2回ご利用可能。プレイガイドで、前売期間のみ販売します。
 ※障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
 ※この料金で、名品展(なら仏像館・青銅器館)も観覧できます。
 ※奈良国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生の方は、当日券を400円でお求めいただけます。
  観覧券売場にてキャンパスメンバーズ会員の学生であることを申し出、学生証をご提示ください。

■出陳品
 出陳品 88件(うち国宝7件、重要文化財50件)

キーワード(TAG)

大人の休日、歴史と文化

快慶 日本人を魅了した仏のかたち

開催日
2017年4月8日 ~ 2017年6月4日
会場
奈良国立博物館 奈良国立博物館
〒630-8213
奈良県奈良市登大路町50番地
NTTハローダイヤルサービス:050-5542-8600 ※ご案内時間:8:00~22:00(年中無休)
アクセス
【電車・バスをご利用の場合】
近鉄奈良駅下車 登大路町を東へ徒歩約15分
JR奈良駅または近鉄奈良駅から市内循環バス外回り(2番)「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ
関西国際空港からリムジンバスJR奈良駅行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分
大阪国際空港からリムジンバス奈良/天理行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分

【自動車をご利用の場合】
●名古屋方面から
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。
●大阪方面から
第二名阪道路・宝来I.C.から国道369号線を東へ県庁を越えて約1分。
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。
●京都方面から
京奈和自動車道・木津I.C.から国道24号線を南へ、国道369号線を東へ約1分。

公式ページ

http://www.ytv.co.jp/kaikei/

展覧会のその他のイベント

  • マティスとルオー展
    友情50年の物語4月4日~5月28日まで、あべのハルカス美術館にて。マティスとルオーの往復書簡を交えながら、初来日作品を含む約140点をご紹介!
  • 上村松園・松篁・淳之展
    三代に見る日本画百年の流れ3月22日~6月25日、松伯美術館にて。上村淳之館長による講演会も開催。(5月20日)
  • 木×仏像展
    飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年平成29年4月8日(土)~6月4日(日)、大阪市立美術館で開催
  • 没後70年 北野恒富展
    なにわの美人図鑑大阪の女性たちを描き続けた画家、北野恒富(1880~1947)の没後70年を記念した大阪では初の大回顧展。
  • 東国尾張とヤマト王権 
    考古学からみた狗奴国・尾張連氏 4月22日~6月18日まで、大阪府立近つ飛鳥博物館にて。
  • 「怖い絵」展
    その闇を知ったとき、名画は違う顔を見せる。中野京子の大ベストセラー「怖い絵」が2017年、ついに展覧会に!7月22日~9月18日、兵庫県立美術館にて。
  • 桃山のTAKUMI
    匠たちが意匠や技巧を凝らした桃山美術の優品の数々3月18日~5月7日、大坂城天守閣にて。明るく開放的、けんらん豪華、斬新でエネルギッシュな桃山文化をお楽しみください。
  • 没後20年 司馬遼太郎展―21世紀“未来の街角”で
    司馬さんにあう、本にあう歴史を通じて「この国のかたち」をみつめた国民作家、司馬遼太郎。著作を通じて、司馬遼太郎の視点から現代を見つめる全国巡回展。
  • 漱石と京都-花咲く大山崎山荘 
    漱石の初公開の書簡も展示3月18日(土)~5月28日(日)、アサヒビール大山崎山荘美術館にて
  • 橋本和明展
    削ぎ落とされても尚、存在するかたちの美を求めて4月1日~9日、ギャラリー猫亀屋にて。4月8日ワークショップ開催。
  • ようこそ!横尾温泉郷
    横尾忠則さんの銭湯&温泉シリーズ作品を展示12月17日(土)~2017年3月26日(日) 横尾忠則現代美術館
  • 春期特別展 茶碗の結ぶ「縁」
    千家や光悦、茶碗のつなぐ樂家との「縁」15代続く樂家における様々な「縁」ある作品を紹介します。◆3/4~6/25まで「樂美術館」で開催 ※初代長次郎作 黒樂茶碗 銘 まきわら
  • 特別企画展「“うつわ”ドラマチック」
    世界の陶芸家たちが極めた“うつわ”の美“うつわ”の中にドラマチックに映し出す美の競演!「滋賀県立陶芸の森 陶芸館」3/11~6/11
  • ヨーロッパ名窯 美麗革命! アール・ヌーヴォーの装飾磁器
    色とりどり、装飾美の世界セーヴル,マイセンといったヨーロッパ名窯他約180件を展示 ◆2/28~4/9まで!◆細見美術館(京都市左京区岡崎)
  • 戦国時代の女性のくらし
    春の特別展平成29年2月25日~6月11日まで京都・高台寺掌美術館の所蔵作品を展示
  • 安野光雅の仕事 
    初期作品から最新作を含む約90点を展示3月3日~26日まで、美術館「えき」KYOTOにて。安野光雅氏が手がけるさまざまな仕事を紹介。
  • 芳年
    激動の時代を生きた鬼才浮世絵師4月1日~23日、美術館「えき」KYOTOにて。芳年の巧みな技と豊かな想像力、卓越した画面構成のセンスをご堪能ください。
  • 第一幕 THE 書 
    数寄者が集めた古筆をお見せします! 4月8日~5月28日まで、逸翁美術館にて。「かな・古筆」の作品の他、中国の書風を日本へ伝える「墨蹟」の作品も展示します。 
  • 台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆
    青磁水仙盆の名品が初めて一堂に集う千載一遇の機会12月10日(土)~3月26日(日)、大阪市立東洋陶磁美術館にて
  • 浄土真宗と本願寺の名宝Ⅱ 
    守り伝える美とおしえ3月4日~6月11日、龍谷ミュージアムにて。浄土真宗本願寺派と本山本願寺が守り伝えてきた貴重な法物や華麗な王朝文化を彩る文化財を展示。
  • 中島潔 “今”を生きる 
    新作「万葉舞花」を初披露!3月11日~5月7日、奈良県立万葉文化館にて。鮮やかで温かみのある色彩で子供や女性の姿や故郷の情景の数々をお楽しみください。
  • 開館120周年記念特別展覧会  海北友松 
    気迫溢れる水墨画や詩情豊かな大和絵金碧画 4月11日(火)~5月21日(日)、京都国立博物館にて。83年にわたる友松の生涯を振り返ります。
  • 渡来人いずこより
    彼ら、彼女らは「いずこより」やってきた?4月26日(水)~6月12日(月)まで、大阪歴史博物館にて開催。
  • クラーナハ展
    世界10ヵ国以上から、クラーナハ作品が日本へ日本初となるクラーナハ展。画家の全貌を明らかにすると同時に、彼の死後、近現代における影響にも迫る。
  • 画家の“仕事”  
    小磯良平芸術の魅力を紹介 ポスターや公共施設の緞帳デザイン、本の表紙絵や挿絵制作など、小磯良平が手がけた様々な“仕事”を紹介。3月4日~4月23日、神戸市立小磯記念美術館 
  • 楽しい隠遁 山水に遊ぶ
    ~雪舟、竹田、そして鉄斎~3月4日~5月7日、泉屋博古館にて。
  • 泉茂 ハンサムな絵のつくりかた 
    関西の美術を牽引してきた泉茂の画業を紹介1月26日~3月26日まで。和歌山県立近代美術館にて。
  • いつだって猫展
    愛らしい江戸猫のとりこになること間違いなし!4月29日(土・祝)~6月11日(日)、京都文化博物館にて。
  • 化粧 KEWAI―舞台の顔―
    伝統が生み出したさまざまな舞台の顔を紹介 1月21日(土)~3月26日(日)、逸扇美術館にて開催。
  • 古代ギリシャ
    すべての、はじまり。神話の国、ギリシャ。300件を超える古代ギリシャの貴重な作品を展示する、日本でかつてない規模の試み。
  • 古田織部と慶長年間のかぶき者
    平成29年 春季展古田織部重然は、利休亡き後に豊臣・徳川政権で「天下一」と称された武将茶人です。1/21~5/14まで!開催場所:古田織部美術館
PAGE TOP
Copyright©2017 eventscramble(イベントスクランブル)