HOME > 展覧会 > 木×仏像展

木×仏像展 -飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年

開催日
2017年4月8日 ~ 2017年6月4日
開催時間
2017年4月8日(土)~6月4日(日)
会場
大阪市立美術館
〒543-0063
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82天王寺公園内
TEL:06-6771-4874
重要文化財 宝誌和尚立像 平安時代(11世紀) 京都・西往寺
重要文化財 宝誌和尚立像 平安時代(11世紀) 京都・西往寺
何の木で造られたの?どうしてその木なの?どうやって彫ったの?

飛鳥時代から江戸時代までに作られた木彫像をその素材である「木」に注目して紹介。
日本人にとって身近な存在であり、祈りの対象でもあった「木」。仏像に込められた思いを、その木の種類や用いられ方から読み解いていきます。

また、優れた彫刻の「技」にも注目。時に緻密に、時に大胆に、自由自在に扱われる槌や鑿の技を間近にご覧いただけます。

何の木で造られたの?どうしてその木なの?どうやって彫ったの?
素朴な疑問に答えながら素材の秘密を探り、技術の妙に目を見張る。本展覧会ではあなたの知らない仏像の世界へご案内いたします。

飛鳥時代の希少な木彫像「菩薩立像」や中国・南北朝時代の僧、宝誌の額が割れ、中から十一面観音像が現れたという説話に基づいて作られた
「宝誌和尚立像」(重要文化財)など約60件を展示。

キーワード(TAG)

ファミリー、彼氏・彼女と、大人の休日

木×仏像展 -飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年

開催日
2017年4月8日 ~ 2017年6月4日
開催時間
2017年4月8日(土)~6月4日(日)
会場
大阪市立美術館
〒543-0063
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82天王寺公園内
TEL:06-6771-4874
アクセス
【公共交通機関をご利用の場合】
●最寄駅
大阪市営地下鉄
 御堂筋線 天王寺駅<5号出口>
 谷町線 天王寺駅<15,16号出口>
JR 天王寺駅<中央改札>
近鉄 南大阪線 大阪阿倍野橋駅<西改札口>
阪堺電気軌道 上町線 天王寺駅前駅

●大阪市バス
あべの橋停留所
最寄り駅を下車し、北西へ約400m(天王寺公園内)
※美術館は天王寺公園内にあります。
 平成27年10月1日(木)に「てんしば」がオープン。
 美術館へは「てんしば」を通って遊歩道を進み、旧黒田藩屋敷長屋門(黒田門)からお入りください。
料金
一般 1,300円(1,100円)、高大生1,100円(900円)
※( )内は、20名以上の団体料金
※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。
※本展は、大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要です。

公式ページ

http://www.osaka-art-museum.jp/sp_evt/kitobutsuzo/

名義

主催
産経新聞社、大阪市立美術館

展覧会のその他のイベント

PAGE TOP
Copyright©2017 eventscramble(イベントスクランブル)