HOME > 展覧会 > ライアン・ガンダー ―この翼は飛ぶためのものではない

ライアン・ガンダー ―この翼は飛ぶためのものではない

開催日
2017年4月29日 ~ 2017年7月2日
会場
国立国際美術館
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島4-2-55
TEL:06-6447-4680(代)
お問い合わせ
国立国際美術館
TEL:06-6447-4680(代)
ライアン・ガンダー ―この翼は飛ぶためのものではない


ライアン・ガンダーは、1976年イギリスに生まれ、母国とオランダで美術を学び、2000年代初頭から世界各地で個展を開催するとともにドクメンタなど著名な展覧会にも参加してきました。この芸術家の仕事は、美術作品や普段の生活で遭遇する物事を素材として、オブジェ、インスタレーション、絵画、写真、映像、印刷物などを制作するもので、多彩であり既成の型にはまっていません。
ガンダーの芸術観は、作品だけではなく、作品にまつわる思考をも重視する点に特徴があり、作品は、鑑賞者の想像力を活性化し、新たな思考回路を生み出し、物事の認識を拡張してくれます。制作の背後には、美術全般についての考察、見ることについての洞察、日常経験の分析など、知的な思考が満ちています。手法は、意外なものの結合、架空の状況の設定、情報の部分的な隠蔽、ユーモアの導入、過去と未来への誘導など、一風変わっているようでありながら、理にかない示唆に富んでいます。
本展は、新しいコンセプチュアル・アートの旗手と目される芸術家ライアン・ガンダーの重要作と新作約60点による個展です。タイトルが謎めいているように、展覧会は未知の世界へ誘ってくれるでしょう。同時にガンダーの企画による所蔵作品展(『ライアン・ガンダーによる所蔵作品展 ―かつてない素晴らしい物語』/"The Greatest Story Ever Told ―The Collection curated by Ryan Gander")も開催します。比較して考えるという人間の本能的な能力を前提にして、所蔵品を多数のペアとして紹介しますが、類似に基づきながらもジャンルや時代が異なるため、新鮮な観点を提供してくれるでしょう。全館を使用するこの展覧会は、私たちに視覚芸術の可能性を実感させてくれるに違いありません。


■会期
 平成29年4月29日(土)~7月2日(日)
■会場
 国立国際美術館
■休館日
 月曜日(ただし、5月1日(月)は開館)
■開館時間
 10:00~17:00、金曜日・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
■主催
 国立国際美術
■協賛
 ダイキン工業現代美術振興財団
■協力
 TARO NASU
■観覧料
 一般900円(600円) 大学生500円(250円)
 ※( )内は20名以上の団体料金、高校生以下・18歳未満無料
 ※心身に障がいのある方とその付添者1名無料(証明できるものをご提示願います)
 ※本料金で「ライアン・ガンダーによる所蔵作品展 ―かつてない素晴らしい物語」もご覧いただけます
 ※夜間割引を実施いたします
 対象時間:金曜日・土曜日の17:00~20:00
 割引額:一般900円→700円 大学生500円→400円
■展示点数
 約150件(約230点)
■同時開催
 ライアン・ガンダーによる所蔵作品展 ―かつてない素晴らしい物語
  http://www.nmao.go.jp/exhibition/2017/collection2017-1.html

■お問い合せ
 国立国際美術館
 TEL:06-6447-4680(代)

キーワード(TAG)

歴史と文化

ライアン・ガンダー ―この翼は飛ぶためのものではない 

開催日
2017年4月29日 ~ 2017年7月2日
会場
国立国際美術館 国立国際美術館
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島4-2-55
TEL:06-6447-4680(代)
アクセス
【電車をご利用の場合】
●京阪中之島線 渡辺橋駅(2番出口)より南西へ徒歩約5分
●淀屋橋駅より西へ徒歩約15分
●地下鉄四つ橋線 肥後橋駅(3番出口)より西へ徒歩約10分
●御堂筋線 淀屋橋駅より西へ徒歩約15分
●JR大阪環状線 福島駅/東西線 新福島駅(2番出口)より南へ徒歩約10分
●大阪駅より南西へ徒歩約20分
●阪神福島駅より南へ徒歩約10分
●阪急梅田駅より南西へ徒歩約20分

【バスをご利用の場合】
●淀屋橋(土佐堀通/住友ビル一号館前)より中之島ループバス「ふらら」で「市立科学館・国立国際美術館前」バス停下車すぐ
●JR大阪駅前より市バス53号・75号系統で「田蓑橋」下車、南西へ徒歩約3分
料金
一般900円(600円) 大学生500円(250円)
※( )内は20名以上の団体料金、高校生以下・18歳未満無料
※心身に障がいのある方とその付添者1名無料(証明できるものをご提示願います)
※本料金で「ライアン・ガンダーによる所蔵作品展 ―かつてない素晴らしい物語」もご覧いただけます
※夜間割引を実施いたします
対象時間:金曜日・土曜日の17:00~20:00
割引額:一般900円→700円 大学生500円→400円

公式ページ

http://www.nmao.go.jp/exhibition/2017/gander.html

お問い合わせ

国立国際美術館
TEL:06-6447-4680(代)

地図

展覧会のその他のイベント

  • 上野の森美術館大賞展
    受賞・賞候補作品と西日本在住作家の入選作品ほかを展示 6月20日~25日、京都文化博物館にて。画材や描法も幅広く個性豊かな力のある作品が全国から多数集まります。
  • ぎをん 齋藤コレクション―布の道標― 古裂に宿る技と美
    幾世もの時代を経た技と美の結晶「古裂」「ぎをん 齋藤」当主・齋藤貞一郎氏のコレクションの数々を紹介/6月17日~8月20日、細見美術館
  • 魔法の美術館
    見て、ふれて、遊べる 体感型アート7月15日から9月3日まで海遊館となりの大阪・天保山にて 6月10日から前売り券発売!
  • 京セラ美術館特別展 リン/テン -ファインセラミックスと芸術の交感-
    作家・上田順平氏による、京セラのファインセラミックスを用いた陶芸作品を中心に約40点を展示6月9日(金)~7月9日(日)京セラ美術館
  • 第45回『 日本の書展 』 関西展
    ◆現代書壇を代表する一流書家の作品が会派を超えて一堂に!◆平成29年6月2日~4日、大阪国際会議場にて。入場無料。
  • 木×仏像展
    飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年平成29年6月4日(日)まで、大阪市立美術館 仏像を360度楽しめる展覧会
  • 没後70年 北野恒富展
    情緒豊かな「大阪」、ここに6月6日(火)から7月17日(月・祝)まで、あべのハルカス美術館にて
  • 大相撲と日本刀
    歴代の名横綱が所持した太刀や、化粧廻し、相撲絵などをご紹介7月8日(土)~8月28日(月)、大阪歴史博物館にて。
  • 書の源流企画展「榊莫山と紫舟のシンフォニー(交響)」
    奈良とゆかりが深い書家二人の独創的な芸術世界を紹介4月15日(土)~7月23日(日)。奈良県立美術館。
  • 上村松園・松篁・淳之展
    三代に見る日本画百年の流れ6月25日まで、松伯美術館にて。上村淳之館長による講演会も開催。(5月20日)
  • 「怖い絵」展
    その闇を知ったとき、名画は違う顔を見せる。中野京子の大ベストセラー「怖い絵」が2017年、ついに展覧会に!7月22日~9月18日、兵庫県立美術館にて。
  • 快慶
    日本人を魅了した仏のかたち6月4日まで、奈良国立博物館にて。快慶の代表的な作品を一堂に集め、わが国の仏教美術史上に残した偉大な足跡をたどります。
  • いつだって猫展
    愛らしい江戸猫のとりこになること間違いなし!4月29日(土・祝)~6月11日(日)、京都文化博物館にて。
  • 渡来人いずこより
    彼ら、彼女らは「いずこより」やってきた?4月26日(水)~6月12日(月)まで、大阪歴史博物館にて開催。
  • 愛媛県美術館所蔵 杉浦非水―モダンデザインの先駆者― 
    モダンでおしゃれなデザイン、杉浦非水4月15日~6月11日まで、細見美術館にて。愛媛県美術館所蔵の約七千件の非水作品から厳選した名品を紹介。
  • 遥かなるルネサンス展
    日本人が初めて見たイタリア・ルネサンスの芸術4月22日(日)から7月17日(月・祝)まで神戸市立博物館にて
  • 創作展いずみ
    和泉市文化協会美術部門十一部門の粋6月18日(日)まで大阪府立弥生文化博物館にて
  • 戦後ドイツの映画ポスター 
    "鉄のカーテン"の両側で花開いた二つのグラフィズム 4月19日(水)から6月11日(日)まで京都国立近代美術館にて
  • ハンガリーの名窯 ヘレンド 
    ヘレンド窯190年の歴史とその魅力をご紹介 7月30日(日)まで大阪市立東洋陶磁美術館にて
  • 東国尾張とヤマト王権 
    考古学からみた狗奴国・尾張連氏 4月22日~6月18日まで、大阪府立近つ飛鳥博物館にて。
  • 浄土真宗と本願寺の名宝Ⅱ 
    守り伝える美とおしえ3月4日~6月11日、龍谷ミュージアムにて。浄土真宗本願寺派と本山本願寺が守り伝えてきた貴重な法物や華麗な王朝文化を彩る文化財を展示。
  • 春期特別展 茶碗の結ぶ「縁」
    千家や光悦、茶碗のつなぐ樂家との「縁」15代続く樂家における様々な「縁」ある作品を紹介します。◆6/25まで「樂美術館」で開催 ※初代長次郎作 黒樂茶碗 銘 まきわら
  • 戦国時代の女性のくらし
    春の特別展平成29年6月11日まで京都・高台寺掌美術館の所蔵作品を展示
  • 特別企画展「“うつわ”ドラマチック」
    世界の陶芸家たちが極めた“うつわ”の美“うつわ”の中にドラマチックに映し出す美の競演!「滋賀県立陶芸の森 陶芸館」6/11まで。
PAGE TOP
Copyright©2017 eventscramble(イベントスクランブル)