HOME > ステージ・音楽 > 演劇 > 當る丑歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎

當る丑歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎

開催日
2020年12月5日 ~ 2020年12月19日
開催時間
第一部 午前10時30分~ 、第二部 午後2時30分~、 第三部 午後6時40分~
会場
京都 南座
[京都市東山区四条大橋東詰]
お問い合わせ
南座
TEL:075-561-1155
令和元年「吉例顔見世興行」より
令和元年「吉例顔見世興行」より
當る丑歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎

 歌舞伎において、最も伝統ある興行で、師走の京の年中行事である南座の「吉例顔見世興行」が開催されます。
今年は例年より期間を短縮し、三部制、各2演目の興行となります。
第一部は、松羽目物の『操り三番叟』で幕を開けます。三番叟に鷹之資、後見は國矢が勤めます。続いては、義太夫狂言の『傾城反魂香』より、夫婦の絆を描いた「土佐将監閑居の場」。浮世又平に鴈治郎、狩野雅楽之助に虎之介、土佐将監に寿治郎、土佐修理之助に吉太朗、将監北の方に吉弥、又平女房おとくに扇雀と、上方俳優による息の合った舞台にご期待ください。
第二部の最初の狂言も、同じく松羽目物の『寿二人猩々』。隼人と千之助の猩々、亀鶴の酒売りでご覧にいれます。『熊谷陣屋』は、南座では襲名披露以来22年ぶりとなる仁左衛門の熊谷次郎直実を中心に、歌六の白毫弥陀六、孝太郎の熊谷妻相模、隼人の亀井六郎、千之助の片岡八郎、松之助の梶原平次景高、竹三郎の庄屋幸兵衛、進之介の堤軍次、錦之助の源義経、秀太郎の藤の方という配役でお見せする、重厚な時代物のひと幕をお楽しみいただきます。
第三部は『末広がり』から。第一部、第二部と同様の御祝儀舞踊です。近年の本興行では上演されていなかったこの作品で、尾上右近が太郎冠者、米吉が女大名を演じます。そして今年の「吉例顔見世興行」の締めくくりを飾るのは、世話物の名作である『吉田屋』。幸四郎演じる藤屋伊左衛門、壱太郎の扇屋夕霧が紡ぎ出す、情緒あふれる恋模様を描いた上方和事の世界をご堪能ください。

【開催日時】2020年12月5日(土)~19日(土)
 ◆第一部 午前10時30分~ 、第二部 午後2時30分~、 第三部 午後6時40分~
 
【開催場所】京都 南座

【料 金】 一等席:16,000円、二等席:8,000円、三等席:4,000円、特別席:17,000円

キーワード(TAG)

ファミリー、大人の休日、歴史と文化

當る丑歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎 

開催日
2020年12月5日 ~ 2020年12月19日
開催時間
第一部 午前10時30分~ 、第二部 午後2時30分~、 第三部 午後6時40分~
会場
京都 南座
[京都市東山区四条大橋東詰]
アクセス
京阪電鉄 祇園四条駅[6番出口]よりすぐ
阪急電鉄 京都河原町駅[1番出口]より徒歩約3分
JR京都駅からはお車(タクシー)が便利です。道路混雑がなければ、15分程度で到着を目安にしてください。
料金
一等席:16,000円
二等席:8,000円
三等席:4,000円
特別席:17,000円
購入方法
【チケットWeb松竹】パソコン、スマートフォンより24時間受付
【チケットホン松竹】0570-000-489(10:00-17:00)
【前売券取扱所】南座、大阪松竹座、歌舞伎座、新橋演舞場

公式ページ

https://www.kabuki-bito.jp/theaters/kyoto/play/691/

お問い合わせ

南座
TEL:075-561-1155

名義

主催
松竹株式会社

地図

アクセス
京阪電鉄 祇園四条駅[6番出口]よりすぐ
阪急電鉄 京都河原町駅[1番出口]より徒歩約3分
JR京都駅からはお車(タクシー)が便利です。道路混雑がなければ、15分程度で到着を目安にしてください。

ステージ・音楽のその他のイベント

PAGE TOP
Copyright©2020 eventscramble(イベントスクランブル)