HOME > 展覧会 > カランドリエ ミュシャと12の月

カランドリエ ミュシャと12の月

開催日
2021年3月27日 ~ 2021年7月25日
休館日:月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日(4月30日、5月6日)
展示替臨時休館日(5月25日・26日)
開催時間
9:30~17:15(入館は午後16:30まで)
会場
堺 アルフォンス・ミュシャ館
〒590-0014
大阪府堺市堺区田出井町1-2-200ベルマージュ堺弐番館2F~4F
お問い合わせ
TEL:072-222-7227
カランドリエ ミュシャと12の月

 “カランドリエ”とは、フランス語で暦(カレンダー)を意味します。19世紀末のパリで活躍したアルフォンス・ミュシャは、広告デザイナーとしての仕事のうち特にポスターで有名ですが、実はカレンダーも数多く制作しています。ミュシャの代表作のひとつ《黄道十二宮》も、当初はカレンダーとして制作されたものです。本展では、当時の人々の暮らしを彩ったアール・ヌーヴォーのカレンダーの数々を、習作とともに一挙に公開します。
 また、その月その季節にふさわしいミュシャの作品を、12の月の流れに沿って紹介します。装飾パネル《四季》をはじめとした春夏秋冬にまつわる作品、クリスマスやハロウィンといった行事をテーマとした作品、さらに「ミュシャと妻マルシュカの結婚記念日」や「1900年パリ万博開幕日」、「サラ・ベルナールを讃える日」など、ミュシャの生涯における重要な日にも着目し、知られざるエピソードを交えながらミュシャの人物像にせまります。また、ミュシャが生きた時代の大阪・堺にも目を向け、明治期の堺の商店が配布していた暦と引札(広告チラシ)も紹介。東西の多彩な暦の世界をご堪能ください。

【開催期間】前期:2021年3月27日(土)~5月23日(日)後期:5月27日(木)~7月25日(日)

【開催時間】9:30~17:15(入館は午後16:30まで)

【開催場所】堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

【料 金】 一般510円(410円)、高校・大学生310円(250円)、小・中学生100円(80円)
 ※( )は20人以上100人未満の団体料金

キーワード(TAG)

大人の休日、歴史と文化、まったりと

カランドリエ ミュシャと12の月 

開催日
2021年3月27日 ~ 2021年7月25日
休館日:月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日(4月30日、5月6日)
展示替臨時休館日(5月25日・26日)
開催時間
9:30~17:15(入館は午後16:30まで)
会場
堺 アルフォンス・ミュシャ館 堺 アルフォンス・ミュシャ館
〒590-0014
大阪府堺市堺区田出井町1-2-200ベルマージュ堺弐番館2F~4F
アクセス
JR阪和線「堺市」駅下車徒歩約3分
JR阪和線「堺市」駅まで(快速)
●大阪から約27分 ●和歌山から約1時間2分
●天王寺から約8分 ●関西国際空港から約41分
※南海高野線、泉北高速鉄道をご利用の場合は、三国ヶ丘駅でJR阪和線に乗り換え、「堺市」駅で下車徒歩約3分
料金
一般510円(410円)、高校・大学生310円(250円)、小・中学生100円(80円)
※( )は20人以上100人未満の団体料金

公式ページ

https://mucha.sakai-bunshin.com/

お問い合わせ

TEL:072-222-7227

名義

主催
公益財団法人堺市文化振興財団、堺 アルフォンス・ミュシャ館
後援
在堺チェコ共和国名誉領事館
協力
OGATAコレクション、堺市立中央図書館

地図

展覧会のその他のイベント

PAGE TOP
Copyright©2021 eventscramble(イベントスクランブル)