HOME > 公募・コンテスト > 文芸 > 第14回 隠岐後鳥羽院短歌大賞
第14回 隠岐後鳥羽院短歌大賞は終了いたしました。

『古事記』1300年記念 第14回 隠岐後鳥羽院短歌大賞

開催日
2013年1月31日
平成25年2月、入賞者を発表します。
*入賞者には平成25年1月下旬に結果をご連絡します。
申込日
2012年6月1日 ~ 2012年11月30日
当日消印有効
投稿の受付は終了しました
お問い合わせ
海士町観光協会内 「後鳥羽院顕彰事業」事務局
電話 08514-2-0101
投稿の受付は終了しました

 1221年、承久の乱に敗れた後鳥羽上皇はこの地へ流され、お亡くなりになられる間の19年間に沢山の和歌をこの地に残されました。歌聖としての後鳥羽院の陵を今も尚、全国の多くの歌人・俳人の方たちが、お慕いし訪れ、沢山の歌をお詠みになっています。

 隠岐後鳥羽院短歌大賞は、中世屈指の歌人、後鳥羽上皇にちなんだ公募短歌大会です。
 みなさまの短歌をお寄せ下さい。

 隠岐後鳥羽院短歌大賞は、与謝野晶子短歌文学賞の姉妹大会として開催します。

 応募要項の詳細など、詳しくは、上の「基本情報」タブをクリックしてください。

 応募用紙(用箋)はこちらからダウンロードしてください。

キーワード(TAG)

大人の休日、歴史と文化、体験・参加型

『古事記』1300年記念 第14回 隠岐後鳥羽院短歌大賞 

開催日
2013年1月31日
平成25年2月、入賞者を発表します。
*入賞者には平成25年1月下旬に結果をご連絡します。
申込日
2012年6月1日 ~ 2012年11月30日
当日消印有効
投稿の受付は終了しました
料金
3首1組2,000円
青少年の部は無料
*応募者全員に作品集を送付。作品集には、応募1組につき1作品(選考後)を掲載
*青少年の部は、入賞者と応募校のみ作品集を送付
購入方法
ゆうちょ銀行の小為替と投稿歌を同封して郵送
作品
「一般の部」と「青少年の部」の2部門で募集。
未発表の自作作品(盗作、類似作品、二重投稿、判読できない作品は対象外とします)
「隠岐の島」その他島に関するもの/自由詠
三首一組(一人何組でも可)
用紙
所定の応募用紙か、200字詰め原稿用紙に楷書で(ふりがなも)。
作品、郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を必ず記入の上、応募してください。
(筆名のある方は筆名も)
賞(予定)
【一般部門】 大賞、与謝野晶子短歌文学賞姉妹賞、隠岐汽船社長賞、入選その他
【青少年の部】  最優秀賞
選者
川野里子 安田純生 (※敬称略、順不同)
発表予定
平成25年2月、入賞者には文書にて連絡。
産経新聞、山陰中央新報紙上、海士町観光協会WEBサイトにて2月に発表予定。

お問い合わせ

海士町観光協会内 「後鳥羽院顕彰事業」事務局
電話 08514-2-0101

名義

主催
「後鳥羽院顕彰事業」実行委員会
共催
産経新聞社
後援
現代歌人協会 隠岐汽船㈱ 海士町 西ノ島町 知夫町 隠岐ジオパーク推進協議会 隠岐汽船(株) 現代歌人協会 日本歌人クラブ (株)角川学芸出版
協力
「神々の国しまね」プロジェクト

ダウンロード

応募要項
応募用箋
A4用紙に印刷して、応募用紙として使用してください。

公募・コンテストのその他のイベント

過去のイベント

PAGE TOP
Copyright©2020 eventscramble(イベントスクランブル)