HOME > 展覧会 > 絵画展 > 安野光雅が描く洛中洛外展
安野光雅が描く洛中洛外展は終了いたしました。

安野光雅が描く洛中洛外展

開催日
2012年9月19日 ~ 2012年10月8日
開催時間
午前10時~午後8時(入場は閉場30分前まで) ※最終日は午後6時閉場
会場
大阪高島屋 7階グランドホール〈大阪市中央区難波〉
〈洛中洛外〉祇園祭
〈洛中洛外〉祇園祭
 画家・安野光雅さんは、1926年、島根県津和野町で生まれ、終戦後、教員生活などを経て、美術教師として上京。教員として働く傍ら本の装丁など出版関係の仕事にも携わり、1968年、従来の絵本にはなかったような独創的な絵本「ふしぎなえ」(福音館書店)でデビューし注目を集めました。以降、絵本をはじめ風景画、歴史画、装丁装画、エッセーなどジャンルにとらわれない数多くの作品を創作しています。

 本展では、産経新聞で連載中の古都・京都の寺社、街並み、祭り、風景などを描いた「安野光雅が描く 洛中洛外」の作品約30点を中心に「日本のふるさと奈良」「日本の原風景」といった日本の風景画に加えて、「風景画を描く」「野の花と小人たち」や初公開となる「絵のある自伝」などから厳選した約120点を展示し、安野芸術を振り返ります。

「安野光雅が描く 洛中洛外」では、古都・京都の神社仏閣、町並み、祭り、風景などが描かれています。安野さんは、「京都をたずね、そこに今も息づいている文化の姿を写したい」という思いでこのシリーズを描き始めたそうです。「嵐山 法輪寺」「平等院鳳凰堂」「祇園祭」「嵯峨野」「伏見 酒蔵」「東寺の終い弘法市」など京都各所を描いた作品を展観いたします。

【安野光雅さんのサイン会】
9月19日(水)午前11時~、午後2時~の2回、7階グランドホール特設コーナーにて、会場で関連書籍をお求めの方各回先着80名様を対象に安野光雅さんのサイン会を開催いたします。
  • 〈洛中洛外〉二年坂
    〈洛中洛外〉二年坂
  • 〈繪本 歌の旅〉赤とんぼ
    〈繪本 歌の旅〉赤とんぼ
  • 〈風景画を描く〉ヨットハーバーの教会
    〈風景画を描く〉ヨットハーバーの教会
  • 〈絵のある自伝〉表紙カバー
    〈絵のある自伝〉表紙カバー
  • 〈野の花と小人たち〉りんどう
    〈野の花と小人たち〉りんどう

キーワード(TAG)

大人の休日、歴史と文化、まったりと

安野光雅が描く洛中洛外展 

開催日
2012年9月19日 ~ 2012年10月8日
開催時間
午前10時~午後8時(入場は閉場30分前まで) ※最終日は午後6時閉場
会場
大阪高島屋 7階グランドホール〈大阪市中央区難波〉
アクセス
【大阪市営地下鉄】御堂筋線・四つ橋線なんば駅直結
【南海】難波駅直結
【近鉄・阪神】大阪難波駅 徒歩5分
料金
一般800円、大学・高校生600円 (税込) 中学生以下無料

名義

主催
産経新聞社、NHKサービスセンター
後援
サンケイスポーツ、夕刊フジ、サンケイリビング新聞社、ラジオ大阪
協力
津和野町立安野光雅美術館

地図

アクセス
【大阪市営地下鉄】御堂筋線・四つ橋線なんば駅直結
【南海】難波駅直結
【近鉄・阪神】大阪難波駅 徒歩5分

展覧会のその他のイベント

PAGE TOP
Copyright©2020 eventscramble(イベントスクランブル)