HOME > 展覧会 > 彫刻・陶芸・工芸 > 京セラ美術館特別展 リン/テン -ファインセラミックスと芸術の交感-
京セラ美術館特別展 リン/テン -ファインセラミックスと芸術の交感-は終了いたしました。

京セラ美術館特別展 リン/テン -ファインセラミックスと芸術の交感-

開催日
2017年6月9日 ~ 2017年7月9日
開催時間
午前10時~午後5時 (最終入館は16時半まで)
会場
京セラ美術館 (京セラ株式会社本社ビル1階)

京セラ美術館 2017年特別展
「リン / テン -ファインセラミックスと芸術の交感-」

2017年特別展として、陶芸の分野で活躍する若手作家・上田順平氏による、
京セラのファインセラミックスを用いた陶芸作品を中心とした作品展を開催。

本展では、物質そのものの歴史、背景に着目し、これまでの表現素材であった陶磁器に加え、生土、レンガ、ガラス、漆など様々な物質を素材に用いています。中でも、最も意欲的に取り組んだ素材がファインセラミックスです。ファインセラミックスは、ガラスや陶磁器などと同じセラミックの仲間であり、その中でも精製された原料を用いて成形・加工して作られた高精密なセラミックスです。自動車やスマートフォン等の部品などに幅広く用いられていますが、日常生活では目にする機会が少ないうえ、芸術的な観点ではほとんど捉えられていませんでした。しかし、上田は最先端技術の進化を支える高機能材料であるファインセラミックスの存在を「現代生活の骨格」として表現素材に選択し、機能性の追求の結果生まれた「いろ、かたち」を提示する事で、ファインセラミックスの機能に鑑賞という新しい作用を加えようと試みています。


【作家プロフィール】 上田順平

1978 年 大阪府堺市生まれ
2003 年 大阪芸術大学美術学部工芸学科陶芸コース卒業。
2005 年 京都市立芸術大学大学院修士課程美術研究科陶磁器専攻修了。
2010 年 五島記念文化財団研修員としてメキシコにて滞在制作
現在  宝塚大学講師

個展「コウキュウスキン」「チャンポン」(ギャラリー16、2004、2006 年)、
「パチモン」「帰ってきたウラシマピーターパン/カンゲン」(イムラアートギャラリー、2008、2010 年)

主な受賞に、2006 年京都府美術工芸新鋭選抜展 2006-新しい波- 工芸部門・最優秀賞、
2008 年第11回岡本太郎現代芸術大賞展岡本敏子賞、2010 年五島記念文化賞美術新人賞、
2013 年第31回京都府文化賞奨励賞、など。



キーワード(TAG)

大人の休日、まったりと、無料で楽しむ

京セラ美術館特別展 リン/テン -ファインセラミックスと芸術の交感- 

開催日
2017年6月9日 ~ 2017年7月9日
開催時間
午前10時~午後5時 (最終入館は16時半まで)
会場
京セラ美術館 (京セラ株式会社本社ビル1階)
アクセス
京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地

近鉄京都線または市営地下鉄 · 烏丸線「竹田駅」西口下車、徒歩15分。
もしくは「竹田駅」(北駅舎)西口より、バスに乗り換え、
「パルスプラザ前」下車すぐ(竹田駅よりバスで約5分)

京都駅からの直通バス
京都駅八条口から「京都らくなんエクスプレス」に乗車。
「京都パルスプラザ · 京セラ前」下車、徒歩1分。
路線 · ダイヤ · 乗り場等は、バス案内 (京都らくなんエクスプレスホームページより)をご参照下さい。
※「京都駅八条口」から「京都パルスプラザ · 京セラ前」まで所要時間約15分。
料金
無料

公式ページ

http://www.kyocera.co.jp/company/csr/facility/museum/

名義

主催
京セラ株式会社
後援
京都市、京都商工会議所、京都新聞、日本経済新聞社京都
支社、KBS京都(敬称略)
協力
imura art gallery、都窯業株式会社、カネ利陶料有限会
社、宝塚大学(敬称略)

地図

アクセス
京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地

近鉄京都線または市営地下鉄 · 烏丸線「竹田駅」西口下車、徒歩15分。
もしくは「竹田駅」(北駅舎)西口より、バスに乗り換え、
「パルスプラザ前」下車すぐ(竹田駅よりバスで約5分)

京都駅からの直通バス
京都駅八条口から「京都らくなんエクスプレス」に乗車。
「京都パルスプラザ · 京セラ前」下車、徒歩1分。
路線 · ダイヤ · 乗り場等は、バス案内 (京都らくなんエクスプレスホームページより)をご参照下さい。
※「京都駅八条口」から「京都パルスプラザ · 京セラ前」まで所要時間約15分。

展覧会のその他のイベント

PAGE TOP
Copyright©2017 eventscramble(イベントスクランブル)