HOME > 展覧会 > 堺と芝居―興行の場とゆかりの人々―
堺と芝居―興行の場とゆかりの人々―は終了いたしました。

堺と芝居―興行の場とゆかりの人々―

開催日
2019年3月30日 ~ 2019年5月12日
休館日:月曜日(ただし祝日は開館)
会場
堺市博物館
[大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内]
お問い合わせ
TEL:072-245-6201
堺と芝居
―興行の場とゆかりの人々―

 江戸時代の堺は、戎島(えびすじま)や鎰町(かぎまち)に芝居小屋が置かれ、町なかに広い境内地をもっていた菅原神社(すがわらじんじゃ)・開口神社(あぐち じんじゃ)・宿院(しゅくいん)でも各種の興行が行われました。本展では、二代目中村富十郎(1786~1855)や、江戸時代の芝居が行われた場所や演目に関する資料を中心に、江戸時代から近代にかけて堺で行われたさまざまな興行についてもご紹介します。
 また堺は、江戸時代から近代に至るまで、芸能や演劇にゆかりの深い人物が多く輩出しました。なかでも、曾我廼家五郎(そがのや ごろう 1877~1948)は、曾我廼家十郎と曾我廼家兄弟劇を旗揚げし、現在に続く喜劇の基礎を築いた人物で、脚本家「一堺漁人(いっかいぎょじん)」としても知られています。このほかにも、高三隆達(たかさぶ りゅうたつ)・食満南北(けま なんぼく)など堺にゆかりの芸能・演劇人に関する資料をご紹介します。

◆学芸講座
 日時:2019年4月14日(日)午後2時~3時30分
 「堺と芝居―二代目中村富十郎から曾我廼家五郎まで―」
 講師:当館学芸員
 会場:博物館ホール(定員100名)※事前申込不要

◆展示品解説
 日時:2019年4月20日(土)午後2時~(30分)※事前申込不要、要観覧料

【開催期間】2019年3月30日(土)~5月12日(日)

【開催時間】午前9時30分~午後5時15分(入館は午後4時30分まで)

【開催場所】堺市博物館

【料 金】 一般200円(160円)/高校大学生100円(70円)/小中学生50円(30円)
 ※( )内は20名以上の団体料金 ※堺市内在住・在学の小中学生は無料
 ※堺市在住の65歳以上の方は無料(要証明書) ※障害のある方は無料(要証明書)

キーワード(TAG)

大人の休日、歴史と文化、まったりと

堺と芝居―興行の場とゆかりの人々― 

開催日
2019年3月30日 ~ 2019年5月12日
休館日:月曜日(ただし祝日は開館)
会場
堺市博物館
[大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内]
アクセス
【電車】JR阪和線「百舌鳥」駅下車徒歩約6分
【バス】南海高野線「堺東」駅から南海バス(40系統約10分)、バス停「堺市博物館前」下車徒歩約4分
料金
一般200円(160円)/高校大学生100円(70円)/小中学生50円(30円)

公式ページ

http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/hakubutsukan/kikaku_tokubetsu/kikakuten-sakaitoshibai.html

お問い合わせ

TEL:072-245-6201

地図

アクセス
【電車】JR阪和線「百舌鳥」駅下車徒歩約6分
【バス】南海高野線「堺東」駅から南海バス(40系統約10分)、バス停「堺市博物館前」下車徒歩約4分

展覧会のその他のイベント

PAGE TOP
Copyright©2019 eventscramble(イベントスクランブル)