HOME > 展覧会 > サラ・ベルナールの世界展─ロートレック・ミュシャ・ラリックとともに─

サラ・ベルナールの世界展─ロートレック・ミュシャ・ラリックとともに─

開催日
2018年11月23日 ~ 2019年3月3日
休館日:月曜日(休日の場合は開館)/ 休日の翌日(12月15日、1月15日、2月12日)/ 年末年始(12月29日~1月4日)/展示点検休館日(1月8日、9日)
開催時間
9:30~17:15(入館は16:30まで)
会場
堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
お問い合わせ
TEL:072-222-5533

サラ・ベルナールの世界展
―ロートレック・ミュシャ・ラリックとともに―

 19世紀末から20世紀初頭にかけて、演劇・芸術・ファッションで人々を魅了していた大女優サラ・ベルナール(1840/1844-1923)。彼女は、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)が一躍パリで売れっ子のデザイナーになるきっかけとなった人物です。サラはイメージ戦略の重要性に気づき、ポスターや写真などを積極的に利用して、自身のプロモーションに役立てました。また興行主としても活躍し、世界各国で公演を行って国際的な名声を博しました。亡くなった時は国民葬とも言えるような大規模な葬儀が行われたこの偉大な女優は当時の芸術界にも影響を与え、ルネ・ラリック(1860-1945)やアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1844-1901)もサラに関わる作品を残しています。またサラは、自ら執筆や彫刻を行うアーティストとしての才能を発揮しました。

 本展はサラ・ベルナールを大々的に紹介する日本初の巡回展です。サラ・ベルナールの芸術と栄光、その社会的影響を、写真、肖像画、ポスター、そして、ミュシャ、ラリック、ロートレックなど同時代の作品を通じて再発見し、その足跡をたどります。

【開催期間】2018年11月23日(金・祝)~2019年3月3日(日)
 休館日:月曜日(休日の場合は開館)/ 休日の翌日(12月15日、1月15日、2月12日)
 年末年始(12月29日~1月4日)/展示点検休館日(1月8日、9日)

【開催時間】9:30~17:15(入館は16:30まで)

【開催場所】堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

【料 金】 一般500円、高校・大学生300円、小・中学生100円
 ※小学生未満、障がい者手帳をお持ちの方と介助者、堺市にお住いの65歳以上の方は無料
 ※20人以上100人未満の団体は2割引
 ※その他提携割引制度あり

キーワード(TAG)

大人の休日、まったりと

サラ・ベルナールの世界展─ロートレック・ミュシャ・ラリックとともに─ 

開催日
2018年11月23日 ~ 2019年3月3日
休館日:月曜日(休日の場合は開館)/ 休日の翌日(12月15日、1月15日、2月12日)/ 年末年始(12月29日~1月4日)/展示点検休館日(1月8日、9日)
開催時間
9:30~17:15(入館は16:30まで)
会場
堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
アクセス
電車●JR阪和線「堺市」駅下車徒歩約3分
  ●JR阪和線堺市駅まで(快速)・大阪駅から約25分・天王寺駅から約8分・和歌山駅から約60分・関西国際空港駅から約40分
車 阪神高速堺出口より1.6km直進、中央環状線へ左折東へ約600m、向陵西町交差点を左折北へ1km、田出井町交差点を右折東へ約600m。
※なるべく公共交通機関をご利用ください。専用駐車場はありません。
料金
一般500円、高校・大学生300円、小・中学生100円
※小学生未満、障がい者手帳をお持ちの方と介助者、堺市にお住いの65歳以上の方は無料
※20人以上100人未満の団体は2割引
※その他提携割引制度あり

公式ページ

http://mucha.sakai-bunshin.com/

お問い合わせ

TEL:072-222-5533

名義

主催
公益財団法人 堺市文化振興財団、堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)他
企画協力
株式会社 燦京堂 
後援
在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本
協賛
ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
特別協力
《フランス》エスタンプ市美術館、ピエール=アンドレ・エレーヌ氏、ダニエル・ラドュイユ氏 《日 本》箱根ラリック美術館、京都工芸繊維大学 美術工芸資料館、リボリアンティークス

地図

アクセス
電車●JR阪和線「堺市」駅下車徒歩約3分
  ●JR阪和線堺市駅まで(快速)・大阪駅から約25分・天王寺駅から約8分・和歌山駅から約60分・関西国際空港駅から約40分
車 阪神高速堺出口より1.6km直進、中央環状線へ左折東へ約600m、向陵西町交差点を左折北へ1km、田出井町交差点を右折東へ約600m。
※なるべく公共交通機関をご利用ください。専用駐車場はありません。

展覧会のその他のイベント

PAGE TOP
Copyright©2018 eventscramble(イベントスクランブル)