HOME > 展覧会 > 物語を彩る ミュシャと挿絵の世界
物語を彩る ミュシャと挿絵の世界は終了いたしました。

物語を彩る ミュシャと挿絵の世界

開催日
2018年7月14日 ~ 2018年11月11日
※休館日 月曜日(祝日の場合は開館)
 祝日の翌日(7月17日、9月18日、9月25日、10月9日)
 展示替臨時休館日 9月4日・5日
開催時間
9:30~17:15(入館は16:30まで)
会場
堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
[〒590-0014 堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館2F~4F]
お問い合わせ
堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
TEL:072-222-5533

物語を彩る ミュシャと挿絵の世界

 物語に寄り添う挿絵は文章の内容に親しみを持たせ、読者の想像力を刺激します。時にはすこしの息抜きをももたらしてくれるでしょう。
 アール・ヌーヴォーを代表する芸術家として広く知られているアルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、活動初期のころから生涯にわたって多くの挿絵を手がけてきました。特にまだ無名であったころは挿絵画家として生計を立てていたことが知られています。
 物語をよく理解し、独自に咀嚼されたミュシャの挿絵は文学的な内容を昇華しドラマチックに、そして装飾によって美しく視覚化されています。白い象が主人公の物語、騎士とお姫様の悲恋、歴史の伝承や英雄譚…食べるものにも困窮した苦境にあった時期だけでなく、パリで一躍流行の画家になったあとも、そして祖国へ帰郷したあともミュシャは挿絵を手がける仕事に関わり続けています。いわばミュシャにとっては創作の原点といえるのかもしれません。

 本展覧会ではミュシャが彩る物語の「挿絵」について注目し、合わせてミュシャの個人コレクターであり貴重な資料も多く蒐集されている尾形寿行氏のコレクションから書籍や雑誌などに表された作品を初期から晩年までご紹介します。

 ミュシャによってより豊かに描かれたイメージを想像の翼にのって辿ってみましょう。

【開催期間】2018年7月14日(土)~11月11日(日)

【開催時間】9:30~17:15(入館は16:30まで)

【開催場所】堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

【料 金】 一般 500円、高校・大学生 300円、小・中学生 100円

キーワード(TAG)

大人の休日、歴史と文化、まったりと

物語を彩る ミュシャと挿絵の世界 

開催日
2018年7月14日 ~ 2018年11月11日
※休館日 月曜日(祝日の場合は開館)
 祝日の翌日(7月17日、9月18日、9月25日、10月9日)
 展示替臨時休館日 9月4日・5日
開催時間
9:30~17:15(入館は16:30まで)
会場
堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
[〒590-0014 堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館2F~4F]
アクセス
電車●JR阪和線「堺市」駅下車徒歩約3分
  ●JR阪和線堺市駅まで(快速)・大阪駅から約25分・天王寺駅から約8分
   ・和歌山駅から約60分・関西国際空港駅から約40分
車 阪神高速堺出口より1.6km直進、中央環状線へ左折東へ約600m、
  向陵西町交差点を左折北へ1km、田出井町交差点を右折東へ約600m。
※なるべく公共交通機関をご利用ください。専用駐車場はありません。
料金
一般 500円、高校・大学生 300円、小・中学生 100円
※小学生未満、65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方と介助者は無料
※20人以上100人未満の団体は2割引

公式ページ

http://mucha.sakai-bunshin.com/

お問い合わせ

堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
TEL:072-222-5533

名義

主催
公益財団法人堺市文化振興財団、堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
後援
堺市教育委員会
協力
OGATAコレクション

地図

アクセス
電車●JR阪和線「堺市」駅下車徒歩約3分
  ●JR阪和線堺市駅まで(快速)・大阪駅から約25分・天王寺駅から約8分
   ・和歌山駅から約60分・関西国際空港駅から約40分
車 阪神高速堺出口より1.6km直進、中央環状線へ左折東へ約600m、
  向陵西町交差点を左折北へ1km、田出井町交差点を右折東へ約600m。
※なるべく公共交通機関をご利用ください。専用駐車場はありません。

展覧会のその他のイベント

PAGE TOP
Copyright©2018 eventscramble(イベントスクランブル)