HOME > 展覧会 > 彫刻・陶芸・工芸 > 台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆

台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆

開催日
2016年12月10日 ~ 2017年3月26日
会場
大阪市立東洋陶磁美術館
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島1-1-26
TEL:06-6223-0055
お問い合わせ
大阪市立東洋陶磁美術館
TEL.06-6223-0055  FAX.06-6223-0057
台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆

 本展では、中国北宋時代(960〜1127)末に宮廷用の青磁を焼成した汝窯を代表する青磁水仙盆の名品をご紹介します。
汝窯は「天青色(てんせいしょく)」とも形容される典雅な釉色と端正な造形を特徴とします。
 今回、台北の國立故宮博物院から、汝窯の最高傑作であり、中国陶磁の名品中の名品といわれる「青磁無紋水仙盆」をはじめとした北宋汝窯青磁水仙盆4点と、
さらに清朝の皇帝がその「青磁無紋水仙盆」を手本につくらせた景徳鎮官窯の青磁水仙盆1点が初めて揃って海外に出品されます。
そして、日本を代表する汝窯青磁である当館の青磁水仙盆と歴史的な「再会」が実現します。
汝窯青磁を代表する青磁水仙盆の名品が初めて一堂に集う本展は、千載一遇の機会です。
青磁水仙盆の名品を通して、歴代の皇帝たちが愛した汝窯青磁の美の真髄をご堪能下さい。


■会期 平成28年12月10日(土)~3月26日(日)

■会場 大阪市立東洋陶磁美術館 展示室J

■休館日 月曜日(12/19、平成29年1/9、3/20は開館)、1/10(火)、3/21(火)、年末年始〔平成28年12/28(水)~平成29年1/4(水)〕

■開館時間 午前9時30分~午後5時(平成28年12/16(金)~12/25(日)は午後7時まで開館、入館はいずれも閉館の30分前まで)

■主催 大阪市立東洋陶磁美術館、國立故宮博物院、朝日新聞社
 特別協賛 イセ文化財団 協力 チャイナ エアライン(中華航空)、シーシーエス株式会社

■観覧料 一般1,200(1,000)円、高校生・大学生700(600)円
 ※( )内は20名以上の団体料金
 ※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方(要証明)は無料

■展示件数 6件

■同時開催 [平常展]安宅コレクション中国陶磁・韓国陶磁、李秉昌コレクション韓国陶磁、日本陶磁
     [特集展]「宋磁の美」

■問い合せ 大阪市立東洋陶磁美術館
 TEL.06-6223-0055  FAX.06-6223-0057

キーワード(TAG)

歴史と文化

台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆 

開催日
2016年12月10日 ~ 2017年3月26日
会場
大阪市立東洋陶磁美術館 大阪市立東洋陶磁美術館
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島1-1-26
TEL:06-6223-0055
アクセス
●京阪電車中之島線「なにわ橋」駅 1号出口すぐ
●地下鉄御堂筋線、京阪電車「淀屋橋」駅 1号出口、地下鉄堺筋線、京阪電車「北浜」駅 26 号出口。各駅から約400m、中之島公会堂東側
料金
一般1,200(1,000)円、高校生・大学生700(600)円
※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方(要証明)は無料

公式ページ

http://www.moco.or.jp/exhibition/current/?e=366

お問い合わせ

大阪市立東洋陶磁美術館
TEL.06-6223-0055  FAX.06-6223-0057

名義

主催
大阪市立東洋陶磁美術館、國立故宮博物院、朝日新聞社
特別協賛
イセ文化財団
協力
チャイナ エアライン(中華航空)、シーシーエス株式会社

展覧会のその他のイベント

PAGE TOP
Copyright©2017 eventscramble(イベントスクランブル)