HOME > 展覧会 > 特別展 土佐光吉 ―戦国の世を生きた やまと絵師―
特別展 土佐光吉 ―戦国の世を生きた やまと絵師―は終了いたしました。

特別展 土佐光吉 ―戦国の世を生きた やまと絵師―

開催日
2018年10月6日 ~ 2018年11月4日
開催時間
9時30分~17時15分(最終入館は16時30分)
会場
堺市博物館特別展示室
[大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁大仙公園内]
お問い合わせ
堺市博物館
TEL:072-245-6201 FAX:072-245-6263
源氏物語手鑑(賢木)
源氏物語手鑑(賢木)
特別展
土佐光吉 ―戦国の世を生きた やまと絵師―

 土佐光吉(1539~1613)は、戦国時代から江戸時代初めにかけての黄金時代の堺で活躍した絵師です。
土佐派は、室町時代以来、宮廷の絵所預(えどころあずかり)として「やまと絵」を制作していましたが、永禄12年(1569)、棟梁・土佐光茂(みつもち)の嫡男である光元が戦死したことにより、転機を迎えます。光茂は弟子の光吉に工房を任せ、光吉は京都から堺に工房を移しました。光吉とその工房の絵師たちは、堺の人々の注文を受け、肖像画などを制作しました。
武将たちが天下統一をめざして戦を繰り返した16世紀後期から17世紀前期、土佐派の「やまと絵」は堺で命脈を保ちます。
  本展では、土佐派存続の重責を担った土佐光吉の画業を、彼が工房を構えた堺という場から探ります。

【開催期間】2018年10月6日(土)~11月4日(日)

【開催時間】9時30分~17時15分(最終入館は16時30分)

【開催場所】堺市博物館特別展示室

【料 金】一般500円(400円)、 高大生 250円(170円)、小中学生 50円(30円)
     ※( )内は20名以上の団体料金 ※市内在住・在学の小中学生は無料
      ※65歳以上の堺市在住の方、および障害のある方は無料(要証明書)
      ※和泉市久保惣記念美術館特別展「土佐派と住吉派 -やまと絵の荘重と軽妙-」
      [会期:10月13日(土)~12月2日(日)]のチケット(半券可)を受付でご提示いただくと、観覧料を団体料金に割引します。
  • 足利義輝像 天正5年(1577) 重要文化財 国立歴史民俗博物館蔵
    足利義輝像 天正5年(1577) 重要文化財 国立歴史民俗博物館蔵
  • 石田正継像
    石田正継像

キーワード(TAG)

大人の休日、歴史と文化、まったりと

特別展 土佐光吉 ―戦国の世を生きた やまと絵師― 

開催日
2018年10月6日 ~ 2018年11月4日
開催時間
9時30分~17時15分(最終入館は16時30分)
会場
堺市博物館特別展示室
[大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁大仙公園内]
アクセス
JR西日本阪和線「百舌鳥」駅から500メートル
南海バス「堺市博物館前」から280メートル
料金
一般500円(400円)、 高大生 250円(170円)、小中学生 50円(30円)
※( )内は20名以上の団体料金 ※市内在住・在学の小中学生は無料
※65歳以上の堺市在住の方、および障害のある方は無料(要証明書)
※和泉市久保惣記念美術館特別展「土佐派と住吉派 -やまと絵の荘重と軽妙-」[会期:10月13日(土)~12月2日(日)]のチケット(半券可)を受付でご提示いただくと、観覧料を団体料金に割引します。

公式ページ

http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/hakubutsukan/kikaku_tokubetsu/tosamitsuyoshi.html

お問い合わせ

堺市博物館
TEL:072-245-6201 FAX:072-245-6263

名義

主催
堺市博物館
協力
大阪市立美術館、和泉市久保惣記念美術館、関西大学

地図

アクセス
JR西日本阪和線「百舌鳥」駅から500メートル
南海バス「堺市博物館前」から280メートル

展覧会のその他のイベント

PAGE TOP
Copyright©2018 eventscramble(イベントスクランブル)